日高宗則 rezooX Amazon輸出ツール

前にもAmazon輸出について書きましたが、今日はAmazon輸出のツールについて書きます。

Amazon輸出に使えるツールはいろいろあるようですが、こんなものを見つけました。

Amazon輸出 革命的効率化ツール「rezooX(リズーエックス)」

http://x55.biz/itx.html

開発者は「日高宗則(ひだかむねのり)」さんという方です。

日高宗則さんとは

ウェブのシステム開発をやられていた方のようで、自分で開発されたようです。

このrezooX(リズーエックス)というツールですが、調べてみると前に商品を探す(リサーチ)専用の「rezoo(リズー)」というツールもあったようです。

Amazon輸出 高速リサーチツール「rezoo(リズー)」

http://z55.biz/it.html

rezoo がリサーチ専用で、rezooX は出品管理も出来るツールのようです。

私も少しAmazon輸出をやってみましたが、やはり商品を探すのに時間がかかります。

その点で言えば、リサーチ専用のrezooはとても役に立つツールだと思います。

ただ、rezooは価格差がある商品を探すだけで、出品は自分でセラーセントラルでやる必要があります。

そして出品した後も、赤字にならないようにチェックしたり、売れても日本の在庫がなければ仕入れられないので注文キャンセルしたりと、いろいろ苦労しました。

セラーセントラルも海外のは英語やらフランス語やらで見づらい。

利益計算も面倒・・

rezooXはそれらの点をカバーするツールみたいです。

かなり便利だとは思いますが、料金は当然ながら月額制。

大量の出品を管理する場合、それ相応のサーバーなどが必要になり、その管理には結構な費用がかかるでしょうから、月額制なのは仕方ないとは思います。

リズーが買い切りで使い放題なので、ギャップがあるといえばありますが、それをもっても余るほど役立つかどうかは使ってみなければわかりません。

rezooX(リズーエックス)は「14日間無料」で使えるみたいです。

2週間使い倒せばお金を払うべきかそうでないかはわかりそうです。

日高宗則さんのrezooX(リズーエックス)に、試しに申し込んでみようかなと思います。

Amazon輸出とツールについて

Amazon輸出はツールがないと結構厳しいですね。

ツールを使わないで10万円稼ぐのと、

月額1万円のツールを使って20万円稼ぐのであれば、当然払ったほうが良いわけです。

ツールを使うか使わないかは、結局その線引きが重要になります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年2月27日 日高宗則 rezooX Amazon輸出ツール はコメントを受け付けていません。 Amazon輸出